DIETER KUCKELKORN
(ディター クッケルコーン)



GERMANY


−良い靴とは、持ち主に愛され、持ち主と共に歴史を刻む靴である。−
Dieter Kuckelkorn(ディター・クッケルコーン)は1952年12月4日、ドイツのアーケンに生まれる。
59年、クッケルコーン一家はスペイン南部に移住し、ディターはビルバオ市のドイツ人学校で育つ。
幼少の頃から物珍しい物にひかれ、特にハンドメイドによる靴作りに興味をもつようになる。
21歳になりドイツに戻った後、スペインのハイクオリティー・シューメーカーであった”Zerep”の代行販売を始め業績を伸ばし、75年にはその経験を生かして”Dieter Kuckelkorn”としてコレクションを発表する。
84年、生まれ故郷のアーケンに初めてのショップを構え、レディースとメンズシューズ、そしてテイラーメイドの服を取り扱うそのショップは今日でも健在である。
同年、”Dieter Kuckelkorn Schuhhandwerk"というレディースとメンズのハンドメイドによる靴のコレクションを発表する。
85年、さらに新しいコレクションである”R.J.by Dieter Kuckelkorn"を発表。
93年、生産拡大により自社工場において一日40〜60足を生産するようになり、オフィスの拡大そしてカスタマーサービスなども開始。
95年、アメリカ市場での事業拡大の為、DieterKuckelkorn Schuhhandwerk Inc.を設立。
−高品質−にこだわる情熱−
最高の靴を作るため最高級の革そして最高級のソール素材を使い、6週間から8週間という時間をかけ、ありとあらゆる手工を施し一足一足をじっくり創りあげる。
その結果靴そのものの見た目の良さだけではなく、履いていて五感を豊かに刺激し、心地良さを体全体で感じる事ができる。







DIETER KUCKELKORNのアイテムをONLINE SHOPで見る